デビットカードとクレジットカードの違いは何か?

クレジットカードが必要な場面って結構たくさんあります。

ネットショッピングなども増えてきていますので、ほとんどの人が持っているのではないでしょうか。

でもクレジットカードの審査に落ちた人は困ってしまいますよね・・・。そんな人におススメなのは「デビットカード」です。

 

デビットカードとクレジットカードの違いは利用した代金が引き落とされるタイミングです。

 

●クレジットカード

クレジットカードは一月分の利用代金がまとめて引き落とされます。

ですので、引き落とされるまでの間カード会社から借金をしているということになり、審査が必要なんです。

 

●デビットカード

一方、デビットカードはカード決済をした瞬間にカード会社を通じて銀行口座から引き落とされる仕組みになっていますので、借金をしているわけではないんです。

ですのでデビットカードには審査がないということです。

 

デビットカードでもクレジットカードと同じように、ネットショッピングやいろいろな買い物に利用できますので、大変便利です。

また銀行口座からどんどん引き落とされていくので、どのくらい利用したのか一目でわかるというメリットもあります。

 

一方、デメリットは銀行口座の残高以上のショッピングはできないということです。

当たり前ですが・・。

 

ここでおススメなのがジャパンネット銀行VISAデビットカードです。

このカードでYAHOOショッピングをするとTポイントが2倍になるという特典が付きます。

 

また1%のキャッシュバックがつくこともありますので、現金で買い物をするよりも確実にお得です。気になる人はジャパンネット銀行のホームページをチェックしてください。