ビザデビットとJデビットの違いは何か?

デビットカードはクレジットカードと違って、利用前の審査がないというメリットがあります。銀行口座を開設して入会手続きをすれば、利用可能です。

 

また、他にもいくつかクレジットカードとの違いがあります。
クレジットカードはカード会社指定日に支払いとなりますが、デビットカードは使ったその時に即時引き落としになります。支払い回数も1回払いのみで、分割払いはありません。

 

したがって、使える額はあくまでも預金口座の残高以内となり、この点はクレジットカードと大きく異なる点です。

そのため、後から請求されるクレジットカードと違って、支出が把握しやすく金銭管理が容易であるともいえます。使いすぎるという心配はありません。

 

デビットカードの中でもJデビット、そしてビザデビットなどと種類がわかれており、若干の違いがあります。

 

●VISAデビット

ビザデビットはJデビットと比べて、ネットや海外での決済にも対応しているなどの特徴があります。

特に便利なのは海外のATMで自分の預貯金口座から直接外貨の引き出しができることです。

 

これは海外旅行のときにはたいへん便利なので、そのような機会がある人にとってはビサデビットは活用の場が多く役立つことになります。

 

こうしたクレジットカードとの相違点さえ把握しておけば、クレジットカードが作れない人にとってデビットカード、特にビザデビットならよりクレジットカードに近い使い方もでき、持っていて重宝するカードといえるでしょう。