16歳以上なら利用可能なデビットカード

デビットカードとクレジットカードの違いは、いくつかありますが、その年齢の違いも大きなものになっています。デビットカードの場合、クレジットカードとは違い、審査が一切不要の為、16歳以上なら、基本的に誰でも利用する事が可能です。

 

その理由も簡単!クレジットカードの場合、ショッピングなどで使ったお金は、基本、翌月、請求がクレジットカードを通して行われる後払いシステム。それに対し、デビットカードの場合は、その場で、指定の銀行口座から引き落とされる為、審査など不要になっているのです。その為、20歳以下の学生でも、利用が可能で、とても、便利なカードになっています。

 

デビットカードなら、その場で、直接、銀行口座から引き落とされる為、現金を持ち歩かなくて済む便利さを備えつつ、クレジットカードのように使いすぎる心配もなく、便利に利用する事ができるカードのなっているのです。その為、日本では、認知度がクレジットカードに比べ低いものの、海外では、このデビットカードの方が認知度が高く利用している人が多いほどです。

 

利用する事ができる場所も、VISAやJCBのマークがあるお店で利用可能な他、海外に行った際は、海外で提携しているATMから現地の通過でお金を引き出す事ができ、とても、便利になっています。海外旅行に行く際に、このデビットカード一枚持っていたら、面倒な両替をする事なく、現地で現金も使う事ができるのです。

 

審査も不要で便利なデビットカード。1枚持っていて、損はないかと思います。